M: 090-2831-4251
EMAIL: wu@maranatha.co.jp

Maranata's Facebook Page

壁面緑化メリット

1. 生きている緑の壁が空気を浄化します

生きている植物は、空気の状態を大幅に改善します。たった1m2のリビングウォールが年間2.3kgのCO2を空気から抽出し、1.7kgの酸素を生成します。土壌媒体に含まれる植物や微生物が有害なVOCを吸収し、植物が食物に使用する化合物に変換することが多くの研究で証明されています。

2. 緑の壁は幸福感を高めます

緑の壁によって空気がきれいになると、頭痛や呼吸器の炎症などの健康上の不満が減り、集中力と注意力が高まります。さらに、目の炎症、頭痛、喉の痛み、倦怠感などの不満が軽減されます。健康改善を促す緑豊かなオフィスでは、病気による欠勤も著しく減少します。

3. 断熱保温効果 -夏は涼しく、冬は暖かくします

壁面緑化を設置することで、1年を通じて過ごしやすい温度を保つことができます。植物には蒸散作用というものがあり、根から吸い上げた水や空気中の水分を葉や茎が吸収し、人間が汗をかくように水分を出して体を冷やしています。夏の間はこの作用によって葉や茎から出す水分が周囲の熱を奪い温度を下げます。また、壁面緑化は、暑い時は日光を遮る日傘となり、寒い時は吹きすさぶ突風を遮る大きな布となります。冷暖房機器には敵いませんが、建物内部の室温を1年を通じて適温に保つ効果があります。

4. 省エネルギー効果

省エネルギー(=以下、省エネ)とは効率良くエネルギーを使うことです。
例えば、エアコンのフィルター清掃。エアコンのフィルターを定期的に清掃することで、同じ電力量でも通気性が良くなります。通気性が良くなることで、冷暖風が力強く循環し、エアコンの温度効果が早くなり省エネに繋がります。
他にもテレビ・パソコンのモニターの明るさを下げて電力量を減らすことや、入浴後の浴槽にフタをして保温しておくなど、省エネの方法は沢山あります。

壁面緑化を設置すると、経年を経て、建物は緑のカーテンで覆われます。

緑のカーテンは、植物自身が体を冷やす目的で水分を出します(=蒸散作用)。夏場はこの植物の蒸散作用が活発になります。すると周囲の温度も下がり、室内の温度上昇が抑えられます。室内の温度上昇が抑えられることで、冷房機器の電気代を下げることに繋がるのです(省エネ効果)。
省エネルギーに関する法律もあり、工場等の事業者によっては『エネルギーの使用の合理化等に関する法律』(省エネ法)も国によって定められています。

5. 垂直庭園は周囲の騒音を低減します

生きている壁は、建物に対する防音壁として機能します。従来のファサードよりも41%多い音を吸収し、最大8dBの低減を実現します。したがって、環境は建物の内外ではるかに静かになり、自然界に見られるものと同様の騒音レベルになります。

6. 緑の壁はストレスを軽減します

緑豊かな環境で生活し、働くことは、人々の幸福にプラスの効果をもたらします。グリーンオフィスはストレスを軽減することでリラックス効果を促します。植物をわずか3〜5分間観察することによって、血圧降下や心臓や筋肉のリラックス、そして脳の活動の改善につながります。

7. 壁面緑化に生産性を高めます

幸福感に直接関連する前向きな気分は、複雑なタスクの処理やより効率的な意思決定を促します。緑を浴びることで、論理的思考やより革新的なアプローチにつながるような脳の活動を促します。環境に配慮した職場では、生産性が15%向上することが研究でわかっています。植物は従業員の満足度や生産性に大きなプラスの効果をもたらします。

8. 壁面緑化によりお客様の店舗滞留時間改善が期待できます

メリットを享受できるのは会社の従業員だけではありません。緑の壁は、そこで多くの時間を過ごす従業員以外の人々にもポジティブな効果を生み出します。特に店舗やレストランの場合、お客様が店内に留まる時間の長さは利益率の指針の一つとなります。これらは平均滞在時間と、顧客体験の満足度という形で有益な効果となります。

9. 壁面緑化はブランドに付加価値を与えます

自然で持続可能な外観は、エネルギーコストの削減に加えて、ブランド価値の向上につながります。ある調査によると、企業の建物はその環境・社会的パフォーマンスの象徴と見なされ、求職者にとって魅力的になる可能性があります。

10. より多くの社会的相互作用、より少ない破壊行為

緑の環境で働くことや生活することは、人々を結びつけます。特に小規模な緑は、近隣の社会的結束にプラスの効果をもたらすことが実証されています。この点で、緑が多い地域は、攻撃、暴力、破壊行為の影響を受けにくくなっています。

11. 壁面緑化は強力な「癒しの環境」を提供します

病院に緑は、患者の回復を早め入院期間を短縮します。緑の環境では、痛みに対する人の耐性が高くなります。この強力な効果は、「癒しの環境」としても知られています。緑の植物が優勢な環境を見るだけで、花や水が回復を大幅に促進し、患者のストレスを軽減します。しかも、ほんの数分でこの効果が生み出されます。